永代供養制度の御案内  
     
    日本では無縁社会が広がりつつあります。

少子高齢化、女性の社会進出による意識の変化、

家族や社会とのふれあいが希薄化し

孤立しやすい社会へと変化しております。

縁者に看取られることなくひっそりと亡くなり、

御遺骨も引き取られないケースがあります。

この社会において、自身の死後の供養の在り方に悩みを

抱く方が多く、解決へと導くお寺の役割は日増しに高まっております。

ご自身の供養を生前中に申し込む制度を確立致しました。

身寄りがない方の財産は、死後誰のものにもならず、最終的に国庫に入ります。

ご自身の生きた証を供養というかたちで、残す方法として、
各種永代供養を御案内致します。


〇永代経

年初めの初講法要にて、50回忌まで個別に供養致します。

御志納金  30万円〜



〇永代読経料

春・秋の彼岸、お盆法要の塔婆供養、50回忌までのすべての年忌法要。

毎月1日に月命日供養を50回忌まで個別に致します。

御志納金  100万円〜



〇永代供養料

葬儀、四十九日までの各七日参り、満中陰、その後に御遺骨を納骨壇に安置、

百ヶ日、初盆、一周忌以降五十回忌までの法要。春・秋の彼岸・お盆法要の塔婆供養。
等各種の法要。

院号戒名、納骨壇の費用(永代管理費含)も含まれております。

毎月1日に月命日供養を50回忌まで個別に致します。


御志納金  300万円〜


各種永代供養を申し込まれた方は

過去帳・本堂内の木札に霊位を銘記し供養致します。


詳しい資料を準備しております。
御相談・資料請求は

お電話にてお問い合わせください。

速成寺(奈良県大和郡山市)
0743-55-2111

本性寺(大阪府守口市)
06-6901−9191

正福寺(大阪市淀川区)
06-6392−4895


※弁護士各位

成年後見人・相続財産管理人として、身寄りのない方の代わりに

納骨・永代供養等仏事全般の御相談を随時受け付けております。

相談例
仏壇魂抜き・御位牌預かり・御遺骨納骨
永代供養・お葬式・お墓の改葬・お墓じまい
等仏事全般についてすべて対応致します。

上記について、近年相談が多数寄せられるようになりました。

納骨のみの受け付けも可能です。

   
     
   
     
  close